イノベーションマネジメント株式会社は、企業の継続的なイノベーションを支援いたします。戦略的な事業の仕組みを構築し、多くの実績を活かしたプロジェクトマネジメントシステムをご提供します。

Strategy

ポートフォリオマネジメント

開発投資のバランスが求められている

製品にはそれぞれライフサイクルがあり、次世代の製品を継続的に開発していくことが企業存続に不可欠であり、さらなる企業拡大のためには改善的な製品だけではなく、革新的な製品への開発投資も重要となってきます。

しかしながら多くの企業で見られるのは、比較的すぐに収益を生む改善的な製品に投資意思決定をしがちであり、まだどれだけの利益を生むか見えづらい革新的な製品への投資を圧迫しているという実態です。

改善的な製品

  • 市場が見えており価値が算出しやすい
  • 開発者が慣れ親しんだエリアであり、予測がしやすい
  • 意思決定者もイメージしやすい

革新的な製品

  • 市場が見えづらくまた価値も評価しづらい
  • 開発者にも困難が伴い、予測が難しい
  • 意思決定者が直近の利益拡大に繋がらないと感じる

継続的なポートフォリオの可視化が重要

現在の投資状況の実態を捉えていくためには、情報を正しく捉え、可視化していくことが重要になってきます。

その情報を揃えるためには、現場から集めるべき情報を特定し、容易に情報を収集できるような情報フローを構築する必要があります。そして意思決定が行われた後にもその投資が守られるよう、投資の実態を定期的に把握していくことが必要になってきます。

ポートフォリオを利用した意思決定の仕組みを構築します

意思決定の仕組み作りを行う際には主に以下のようなステップで検討を実施いたします。

STEP 1要件明確化

意思決定体制と意思決定ドキュメントの明確化

意思決定を行う会議体とその意思決定のために必要な情報を明確化します。

STEP 2評価基準
明確化

プロジェクト価値・リスクの算出方法の検討

NPV/eNPVやリスク、プロジェクト価値を測る指標を特定し、算出に必要な情報を定義します。

STEP 3情報フロー
明確化

情報フローの明確化

必要な情報に関し、現場での予測が必要な情報と、ロジックやシステムで収集できる情報に分け収集プロセスを明確化します。

STEP 4実装と改善

意思決定プロセスの確定と改善

情報収集と意思決定の一連の流れをシステム的・プロセス的に実装し、運用後も継続的な可視化が実現できるよう改善を行っていきます。