イノベーションマネジメント株式会社は、企業の継続的なイノベーションを支援いたします。戦略的な事業の仕組みを構築し、多くの実績を活かしたプロジェクトマネジメントシステムをご提供します。

Execution

PMO構築

顧客ニーズにスピーディーに対応できる組織へ

良い製品を作れば市場に受け入れられるというビジネス環境から、多様化する顧客ニーズにスピーディーに対応しなければならないというビジネス環境にシフトしています。

限られたリソースの範囲内で、市場で売れる革新性の高い製品を、より早く、より安く、より良い品質で市場へ投入するためには、組織力を活かしつつ個々の製品開発をプロジェクトとして部門横断的に円滑運営することが重要です。

多くの企業が抱える課題

  • 組織の壁が厚く、機能連携ができていない
  • メンバーの責任・権限が不明確である
  • プロジェクトマネジャーの業務が多岐にわたり、マネジメント業務が犠牲になっている
  • プロジェクトメンバー間でゴール・計画などが共有されていない
  • プロジェクトの計画精度が低い

最適なプロジェクトマネジメントオフィスを構築します

お客様の業務環境に合わせたプロジェクト・マネジメント・オフィス(PMO)の構築をご支援いたします。

プロジェクトとプロジェクトチームの定義

何をプロジェクトとするか、どの時点からプロジェクトを形成するかを定義し、プロジェクトを運営するチーム体制を明確化します。

また、プロジェクト全体を統括するプロジェクトマネジャー、ある機能のかたまりをまとめる機能リーダー、および各組織の担当者のプロジェクト遂行上の役割を定義します。

プロジェクトマネジメントプロセス設計

プロジェクトマネジメントライフサイクルである「立上」「計画」「実施」「コントロール」「クローズ」をフレームとして、プロジェクトマネジメントプロセスを定義し、下記の実現を図ります。

  • プロジェクトが円滑に立ち上げられ、部門横断的に計画立案・共有が行われる
  • 適切な間隔でプロジェクトの進捗状況がチェックされ、リスク、課題への迅速な対応が遂行される
  • プロジェクトで経験したノウハウが蓄積され、後続フェーズ、他プロジェクトに活用される

プロジェクト戦略文書の標準化

「ゴール」「価値」「計画」「リスク」を含めたプロジェクト戦略文書を定義することにより、プロジェクト目的達成の実現レベルの向上を図ります。

プロジェクトマネジメントオフィス設計

プロジェクト遂行において、組織の全体最適に貢献する機能体としてプロジェクトマネジメントオフィスを設計します。

プロジェクトマネジメントオフィスが保持し得る機能は「プログラムマネジメント」「プロジェクト支援」「プロセスオーナー」などに分類されますが、組織として必要な機能と各機能を遂行していく組織ポジションの定義を行います。