イノベーションマネジメント株式会社は、企業の継続的なイノベーションを支援いたします。戦略的な事業の仕組みを構築し、多くの実績を活かしたプロジェクトマネジメントシステムをご提供します。

Execution

PM成熟度分析

現状を把握することから改善は始まります

研究開発の成果を向上させることは容易ではなく、多くの企業が成果向上の壁に突き当たり経営が難航しています。研究開発業務における成果向上をどのように実現するかは、多くの企業で重要な経営課題となっています。

成果を上げるためには、組織としてPJを実行する能力が必要であり、今の組織のPJ実行の成熟度を把握 することが重要になります。

プロジェクトマネジメントの成熟度を把握する

研究開発組織のプロジェクトを中心としたビジネスモデルを前提に、多くの企業で実践されているベストプラクティスを体系化し、自社がどのレベルにいるのかを5段階で評価し、全体最適の観点から改善点を探っていきます。

PM成熟度分析結果

数十社のベンチマークデータをもとに評価することで、相対的な組織の成熟度レベルも測定することができます。

強みと弱みを見付け出します

プロジェクトマネジメントの成熟度をベンチマークデータをもとに評価・分析し、現状把握と改善の方向性を明らかにします。

プロジェクトマネジメント
成熟度モデル

一般にPM成熟度が向上することによって、プロジェクトの成功確率が向上することはよく知られていますが、成果を創出する組織インフラの成熟度まで踏み込んだPM成熟度モデルは、プロジェクトマネジメントの業界でも稀です。

プロジェクトマネジメントにおいて組織インフラとなる環境マネジメントとPMBOKで定義する9つのマネジメントエリア、そしてプロジェクトのライフサイクルに対してベストプラクティスのデータをもとに成熟度定義を行います。

ベンチマーキングによる比較検討

これまでの国内研究開発組織、数十社に及ぶベンチマークデータをもとに、貴社のPM成熟度レベルを相対的に比較、評価することにより強みと弱みを見付け出し、改善の方向性を探ります。

また、定期的にPM成熟度を計測し評価することによって改善アクションの成果を確認し、新たな改善施策の方向付けを行うことで、効果的な改善の実施を可能にします。

成熟度向上ドライバーによる効率的レベルアップ

数十社のPM成熟度データをもとに、各成熟度レベルに応じた成熟度向上への重要な変革ドライバーを提示することによって、より効果的でスピーディなPM成熟度向上のアクションを実施することが可能となります。