イノベーションマネジメント株式会社は、企業の継続的なイノベーションを支援いたします。戦略的な事業の仕組みを構築し、多くの実績を活かしたプロジェクトマネジメントシステムをご提供します。

Execution

チェンジマネジメント

硬直化した組織では成果は上げられない

組織は時間が経つにつれ硬直化して弾力性を失うことで成果が出にくい現象が表れてきます。

硬直化した組織で見受けられる現象
  • 受動的なスタイルで仕事をする
  • 意思決定をしない
  • リーダーシップを発揮しない
  • リスクテイクをしない
  • 顧客よりも上司を見て仕事をする

このような現象は人に起因する現象で、改革の成果が上がらない大きな要因であり、マネジメントが最優先して取り組むべき課題でもあります。

変革において人の意識変革は不可欠

あらゆる変革において人の意識変革は不可欠であり、人を変革の方向性に向けて理解を高め意識も変えさせていかなければなりません。

(スティーブン・R・コヴィー「第8の習慣」)

変革に向けての第一歩は、人々の変革に対する受け入れ度合いを知ることであり、そのレベルによりとるべき対策も異なります。

組織の変革への受容性を確認し、その結果をもとに意識変革へのシナリオ作成し、人々が抵抗の意識を脱し、自ら推進の意識へ変える必要があります。

あるゆる変革活動を支援いたします

組織の意識変革を行ない、様々な変革を成功に導く支援をいたします。

変革受容性の確認

変革受容性の確認では、変革に不可欠な7つの変革ドライバーに対して、組織としての意識がどのようになっているのかを可視化します。

変革を阻害する重要な要因が何かを知り、事前に対策を立てて対応することで変革の成功確度を上げることができます。

変革受容性調査結果

チェンジマネジメント戦略の立案

変革シナリオはマイルストンごとに達成すべきイメージを明らかにし、そのイメージを実現するアクションを時系列的に組立てていきます。

人の意識に関わる側面も、そのシナリオをもとに関係するステークホルダーを明らかにし、関係者の意識を底上げするコミュニケーションに関わるアクションを関係者の合意を経て作成していきます。

チェンジマネジメントの実践

変革の実践がうまくできているかどうか、成果が上がっているのかいないのか、定期的に意識調査を実施しフィードバックしていきます。