イノベーションマネジメント株式会社は、企業の継続的なイノベーションを支援いたします。戦略的な事業の仕組みを構築し、多くの実績を活かしたプロジェクトマネジメントシステムをご提供します。

Seminar

モーニングセミナー

第9弾 製薬企業向け

今日の製薬企業を取り巻く環境は、日々刻々と変化しており、これまで注目を浴びてこなかった分野へ目を向ける等、新たな取り組みが必要となってきています。
オープンイノベーション型のビジネスへの取り組みもその一つと考えられ、本来パートナーシップの経験が長いにも関わらず、その重要性の認識の低さから、ナレッジや文化等が組織内に蓄積、醸成されておらず、どのように取り組めばよいか、悩みを抱えていらっしゃる方も多く見受けられます。
新たなビジネスモデルへの取り組みは、変革そのものであり、業務モデルの構築だけでなく、文化の醸成や、人材育成、組織に所属する人々の意識改革を行う事も、変革を成功させる為の重要な要素となります。

今回のモーニングセミナーでは、「人材育成と業績評価システム」、「オープンイノベーション型ビジネスへの道」、「チェンジマネジメント」の3つのテーマを取り上げ、業界の傾向や、先進企業の事例を織り交ぜながら、業務変革を成功させるポイントを解説いたします。

MS9_Cover

今回のセミナーテーマ

テーマA人材育成と業績評価システム
  • 背景

    業績評価のやり方は、それぞれの企業によって異なるが、業績評価のシステムが上手く機能しているケースは思いのほか少ない。
    そもそも業績評価のシステムが、社員の成果達成を主眼に置いて設計され、信賞必罰を基本とした社員を叱咤する道具として利用されるケースが圧倒的に多く、本来の中核的な目的である人材育成の道具として賢く活用されていないことに大きな原因がある。そのため、評価システムのほとんどはクローズなシステムとなっており、評価者と被評価者以外が他人の評価を知ることはできない。しかし、人材育成を中核に据えるシステムであれば評価を隠す必要はなく、評価者は自分の評価に自信をもって堂々と評価を公表し、評価される側もその評価を冷静に受け止め、どうすればよい評価が得られるのか、どうなればよい評価は得られないのかを他人の評価さえも参考にして知ることで、自分の行動を早く是正でき、その分早く成長することも可能となる。
    人材育成を中核とするオープンな評価システムとはどのようなものなのかをご紹介する。

  • 目的

    本セミナーでは、弊社において実際に活用されている、全てにオープンな業績評価システムのやり方について解説する。
    その評価システムがどのように運用され、どのように機能しているかを説明することで、評価システムの一つのあるべき姿を理解していただく。

  • 参加対象者

    興味ある方全て

  • 講演者

    • 芝尾 芳昭

      芝尾 芳昭
      イノベーションマネジメント株式会社
      代表取締役

  • 開催日

    2015/2/6(金) 8:30~9:30
    2015/2/27(金) 8:30~9:30

テーマBオープンイノベーション型ビジネスへの道 ※現在満席
  • 背景

    あらゆる産業において、大小規模を問わず企業がオープンイノベーション型ビジネスへと転換し既に大きな成果を上げてきている一方で、従来型の自前主義から脱却できず潜在的なポテンシャルを失いつつある企業の例もみられます。本来、業界としてパートナーシップの経験が長い製薬企業においても例外ではなく、外部アセットの獲得と活用に最適な戦略や仕組み、体制が未だ整備されていない状況が垣間見えます。臨床開発部門、探索部門、ビジネスディベロップメント部門、それぞれにオープンイノベーション戦略を遂行するに足る役割と関係性が定義され、またその実行を支える文化や仕組みが整ってこそ、他社に先んじたパイプラインの拡充を果たすことが可能となりますが、その達成には大きな風土/意識変革も必要となります。

  • 目的

    本セミナーでは、パートナリングにおける現状と、臨床開発部門、探索部門、ビジネスディベロップメント部門を巻き込んだ変革の視点についてお話ししてまいります。また他業界、他社のパートナリング/アライアンスにおける先進事例もご紹介いたします。

  • 参加対象者

    ビジネスディベロップ部門、探索部門、アライアンス部門、R&D部門等、外部アセット探索/評価やパートナーシップ開拓に関わる方

  • 講演者

    • 藤ヶ崎 温美

      藤ヶ崎 温美
      イノベーションマネジメント株式会社
      シニアコンサルタント

  • 開催日

    2015/2/13(金) 8:30~9:30
    2015/3/6(金) 8:30~9:30

テーマCチェンジマネジメント
  • 背景

    昨今、他社との競争激化だけではなく、企業買収による企業内競争も激しくなってきている。厳しい環境下で組織を存続させるべく、各組織の中で意識の高い人を中心にとして、プロセス変革やシステム導入といった、既存のやり方を変える活動が行われているのではないだろうか。成果物である“プロセス”や“システム”の整備に多くの時間がかけられるが、いざ運用が始まると「定着せず成果が出ない」という状況に陥ってしまう様子が見受けられる。これは、“人の意識と行動”を変えていくことへの対応が不十分となっていることが多いと考える。
    プロセスやシステムは”人”を支える環境の一部であり、成果を出すドライバは“人”である。“人”の意識と行動を変えるために実施する“チェンジマネジメント”について紹介していく。

  • 目的

    本セミナーでは、事例を交えながら人の意識と行動を変える手法であるチェンジマネジメントについて理解いただきます。

  • 参加対象者

    業務改革やシステム導入を推進する、または関係する方

  • 講演者

    • Takamura

      高村 智
      イノベーションマネジメント株式会社
      アドバイザリーコンサルタント

  • 開催日

    2015/2/20(金) 8:30~9:30
    2015/3/13(金) 8:30~9:30

開催日程と会場

東京

平河町VISIX4階(弊社)地図をみる
定員:各回6名程度 参加料:1,000円