イノベーションマネジメント株式会社は、企業の継続的なイノベーションを支援いたします。戦略的な事業の仕組みを構築し、多くの実績を活かしたプロジェクトマネジメントシステムをご提供します。

Seminar

フォーラム

ライフサイエンス・イノベーションフォーラム2018※開催終了いたしました

セミナー概要

グローバルでの競争力を高め価値の高い医薬品を生み出すため、製薬企業では継続的なマネジメントの強化と変革が行われてきました。薬価制度改革によって研究開発体制の抜本的な改革は現実的な課題となり、適切なプロジェクトマネジメントおよびオープンイノベーションを始めとするイノベーション創出の仕組みづくりが急務となる一方、こうした変革の実戦と経験を着実に蓄積してきている企業も数多く存在します。
本フォーラム では、大手製薬/医療機器企業でプロジェクトマネジメントやオープンイノベーションの仕組みづくりをリードされた貴重なご経験をお持ちの四名の方々にご登壇いただきます。 開発始動から上市に至る一連のプロジェクトが抱えうる課題、そしてイノベーションを推進するために必要な仕組みづくりについて、先進的な活動に取り組まれてきた方々の豊富なご経験・ご考察をお話しいただきます。 ご講演者様やご来場の皆様の対話を通じて、今後の取り組みの一助となる貴重な機会をご提供できましたら幸いです。


 

お陰様を持ちまして、ライフサイエンス・イノベーションフォーラム2018は好評の内に終了いたしました。
ご参加者の皆様、ならびに多大なるご協力を頂きました協賛企業の皆様に深く感謝の意を申し上げます。
事務局 坪山

 

セミナーテーマ ※すべて同日開催となります。

Agenda #1 プロジェクトマネジメントへの一考、創薬からメディカルアフェアーズ活動まで
  • セミナー概要

    本講演では、演者のファーストインクラスの薬剤のプログラム起動から上市までの創薬プロジェクトマネジメントの経験を基に、トランスレーショナルリサーチの遂行、グローバル開発、などフェーズごとのチャレンジや課題、さらにそれらプロセスにおけるプロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーの役割分担やその変遷などを考察する。また上市後を中心としたメディカルアフェアーズ活動におけるプロジェクトマネジメントについても触れてみたい。

  • 講演者


    • 森 明久

      協和発酵キリン株式会社
      フェロー、
      メディカルアフェアーズ部・
      メディカルリード

Agenda #2 HARD THINGS:改革プロジェクトにおける困難にどう立ち向かうか
  • セミナー概要

    弊社でプロジェクト管理システムの導入を開始して今年で3年目を迎えた。ゼロからスタートした取り組みもプロジェクトチーム制の導入、プロセス・役割の再定義、PMOの新設、PMISの導入と人並みに「プロ管はじめました」と言える体制にまでたどり着いた。
    今回、講演テーマを考えるにあたり、導入を検討していた3年前を思い出した。当時、演者は情報収集のために数々のセミナー・講演会に参加していたが、そこでは最先端のグローバル開発やオープンイノベーションの事例発表はあるものの、そもそもプロジェクト管理の仕組みを導入するために、関係各所をどのように説得していけば良いのか、というようなプリミティブなテーマには終ぞ出会うことはなかった。
    そこで、このセッションでは演者が導入プロジェクトに際して直面した困難についてお話ししたいと思う。もちろん、これらの困難に誰もが直面するわけでもない(しない方が良い)。また決まった対処法があるわけでもない。しかし、このような困難から得られた教訓を共有することには少なからず意味があると考えるからである。

  • 講演者

    • 石川 泰史
      テルモ株式会社
      心臓血管カンパニー TIS事業
      マーケティング部門 マーケティング企画 課長

Agenda #3 高品質ラインアップ確保のためのリリー社オープンイノベーション戦略
  • セミナー概要

    リリー社はインディアナポリスを拠点とする142年の歴史を有する会社である。目標は業界において最も成長が早い会社になること、自社のパイプライン強化や外部との共同研究開発を元にした、絶え間ない革新を通じて独立した存在であり続けることである。90年代後半から他の大手医薬品会社同様、収益に大きく貢献している複数製品の特許切れ問題に対して、それを見越した社外イノベーション戦略やオープンイノベーション・パートナーシップ戦略を構築し、その結果、革新的な医薬品を創製するために質の高い臨床開発品を多数揃えることに成功してきた。今回は外部研究機関や組織とのオープンイノベーションパートナーシップの構築背景や現状について、自社研究開発モデルから提携型研究開発モデルへの変革、その実例、外部研究機関から世界中の知恵を集めるオープンイノベーション創薬(OIDD)、外部ベンチャーファンド戦略や前臨床化合物からPh2まで効率的に進める独立評価部門のコーラス(Chorus)等の話題をご参加者の方々に提供したい。

  • 講演者

    • 本田 孝雄
      日本イーライリリー株式会社
      研究開発本部
      エクスターナル・イノベーション・
      ジャパン 部長

Agenda #4 イノベーションをデザインする ~イノベーションを創造する人材とマネージメント~
  • セミナー概要

    QCDに代表される“いいもの”を作れば売れるという、時代は終わり、従来型のビジネスの延長線上には、もはや大きなビジネスチャンスは残されていません。いままさに、ビジネス構造を見直し、新しい世界観を創り出す時代になってきました。
    この新しい時代を勝ち抜くためには、オープン・イノベーションの本質、IoTに代表されるセンシング、通信、クラウド、AI、ビックデータと言った技術を理解した上で、それらをいかに使いこなし、賛同者を巻き込み、共に新しい市場を創りだすのか、まさに“イノベーションをデザインする力”が重要になってきます。
    新規事業立ち上げ、新会社の設立、そして今注目されている“センシングデータ流通取引市場”という市場自体を創造するプロジェクト等の経験を題材にイノベーションを実現する為の仕組みや、イノベーションを生み出す人材、マネージメントについて共に考察します。

  • 講演者

    • 竹林 一
      オムロン株式会社
      イノベーション推進本部
      SDTM推進室長
      (元オムロンソフトウェア代表取締役社長、オムロン直方代表取締役社長、ドコモ・ヘルスケア代表取締役社長)

開催日程と会場

日程:2018年10月18日(木)
会場:丸ビルコンファレンススクエア 8F Room4
地図をみる
時間:14:00 – 18:00(13:30 受付)
※懇親会は18:00~同会場にて実施予定
定員:100名程度
参加料:2,000円(懇親会費含む)
支払方法:お申し込み後右記へお振込みください